意外と知らない漢方薬でのニキビケア

ニキビ化粧水でトラブル知らずの肌!

にきび治療と漢方薬

最近は、にきび治療で漢方薬が用いられることも増えてきています。漢方薬は、化学合成された薬よりも効き目が穏やかで、肌への負担が少なく身体に優しいという特徴があります。

また、にきび治療で重要となる肌質・体質改善にも効果があるため、漢方薬を使ったにきび治療を始める方も多くなりつつあるようです。

漢方を使ったにきび治療では、自己治癒能力や体質改善を目的に行われるため、にきびの症状の緩和や治療が終わった後、にきびができにくい身体と肌を手に入れられるよう、細やかな指導が行われます。

漢方の視点からにきび治療を見ると、ホルモンバランスを正常化させることはもちろん、胃腸障害や血行障害、冷えといった身体の問題だけでなく、ストレスや悩みの解消も重要な要素となります。

また、症状が進み、炎症や化膿を起こしているにきびの場合、西洋医学では抗生物質などが処方され、使用をやめると再発するといった問題が起きがちです。

しかし、漢方薬を用いたににきび治療では、自己免疫力の向上を目的とした投薬、指導が行われるため、薬の服用を止めた後も、再発する頻度が少ないという特徴があります。 では、にきび治療で使用される漢方薬にはどんなものがあるのでしょうか?

ここで、代表的な漢方薬をご紹介したいと思います。 「加味しょう遙散、大柴胡湯」は、生理前ににきびがひどくなる人に適した漢方です。ストレスが大きくなるとにきびが増えるという方にも効果がある薬で、思春期にきびより、大人にきびの治療で用いられることが多いという特徴があります。

「荊芥連ぎょう湯、防風通聖散」は、にきび治療の漢方薬として、最も多く処方されているとされています。荊芥連ぎょう湯は、額や髪の生え際といった、皮脂の分泌が多い部分や輪郭にできるにきびに効果があり、防風通聖散は、化膿して痛みのある大きなにきびに効く漢方薬です。

漢方薬は、ドラッグストアや薬局でも購入ができますが、やはりにきびの状態や症状に合わせて処方してもらうのが一番です。漢方を使ってにきび治療をしたいとお考えの方は、一度、病院や漢方薬局へご相談されると良いでしょう。

copyright 2014 ニキビ化粧水 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。