ニキビを綺麗に治すためにも!

ニキビ化粧水でトラブル知らずの肌!

にきび治療に使われるにきび薬の特徴

にきびに悩んでいる方にとって、にきびに効く薬というのは大変魅力的な存在ですよね。ドラッグストアや町の薬局にいくと、「にきびの治療薬」「にきびの薬」が数多く並び、にきび改善の効果や効能が謳われたポップや宣伝を沢山目にすることができます。

また、市販のにきび薬の他にも、皮膚科で診察を受けたあとに処方してもらえる調剤薬もあります。では、一般的ににきび治療で使用されている薬、にきびに効果があると言われている薬にはどんなものがあるのでしょうか?

一口でにきび薬といっても、にきびに直接塗って使う塗り薬や、にきびに身体の内側から作用する飲み薬など、その種類は様々です。加えて、にきびケアに欠かせない、にきび専用の洗顔料や石けん、シャンプーなども、ある意味にきび薬の一種と言うことができるでしょう。

にきび薬は、にきび治療においてそれぞれの薬に見合った効能を期待することができます。では、代表的なにきび薬の効能・効果をご紹介していきましょう。

まず、余分な皮脂を取り除く効果があるにきび薬です。皮脂が過剰分泌され、肌の状態がオイリー肌になっている場合、皮脂を取り除くにきび薬が有効です。

皮脂を取り除くのであれば洗顔すればいい、と考える方も多いと思いますが、頻繁に洗顔を行うと乾燥肌を引き起こし、かえって皮脂の過剰分泌を助長してしまいます。そのため、皮脂を抑える薬が有効となるのです。

次に、炎症を抑えるにきび薬です。白にきびや黒にきびは、毛穴に皮脂や角栓が詰まった状態でとどまっていますが、この皮脂や角栓にアクネ菌や細菌が増殖してしまうと、炎症を起こして悪化が進んでしまいます。

にきびの炎症が起きてしまうと、肌に大きなダメージが残ってしまうため、迅速に適切なケアを行う必要があります。炎症を抑えるにきび薬は、症状の進行を抑えながらにきびを治療するために、なくてはならない薬だと言えるでしょう。

最後に、角質を取り除くにきび薬です。にきびの発生や悪化の原因の一つに、古い角質の蓄積があります。このにきびの原因たる角質を除去する働きがあるのが、フルーツ酸(AHA)などが含まれた、角質除去効果のあるにきび薬です。

この手の薬は、角質を取り去る効果がある反面、肌に負担を掛けるリスクもありますので、使用の際には医師の指導を受けることをおすすめします。

copyright 2014 ニキビ化粧水 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。