ニキビの原因を知って、対策を取りましょう!

ニキビ化粧水でトラブル知らずの肌!

ニキビができる原因とは

思春期になると多くの人がニキビで悩まされると思います。 なぜ思春期になるとニキビができやすくなるのかその原因をご紹介します。 まず思春期になると皮脂の分泌量が多くなります。 そこで皮脂腺が肥大してしまいます。

肌には元々ニキビの原因と言われるアクネ菌が 住んでいるのですが、そのアクネ菌などが 皮脂を分解して毛穴を詰まらせてしまいます。 そうなると角質層が厚くなり、毛穴が炎症してしまうのです。

これがいわゆるニキビというものであり、 思春期に限らず、食生活やストレスによって 成人以降もニキビが増え続けてしまう人もいるのです。 皮脂が多く分泌されてしまうとニキビができやすく なってしまうということがわかりますね。

女性の場合は、排卵後から月経が始まるまでに 皮脂の分泌量が多くなってしまうのです。 これはホルモンのバランスによって引き起こされる ことですので仕方ありませんが、 生理前にニキビができやすくなるというのは このようなことが関係しているのです。

そして、実はストレスを感じることでも 皮脂の分泌量が多くなってしまうのです。 実は自律神経をコントロールする能の視床下部では ホルモン分泌も行われています。

睡眠不足や仕事や人間関係などでストレスを 感じてしまうと、身体をまもるために、 ホルモンの司令塔である視床下部からホルモンが 副腎皮質刺激ホルモンが分泌されてしまうのです。 副腎皮質ホルモンが分泌されると、 男性ホルモンが増えてしまいます。

男性ホルモンは皮質の分泌を促してしまうため、 ニキビができやすくなってしまうのです。 これがストレスが原因でニキビが増えてしまう理由なのです。 ニキビはこのように皮質が多く分泌されますと 出来てしまうので、対策するには丁寧に洗顔して 肌を清潔に保っておくことがポイントです。

他にも髪やタオル、寝具にはニキビの原因となってしまう 細菌が潜んでいますので、髪を顔にかからないようにする、 寝具を清潔にしておくなど肌以外も気をつけなければなりません。 他にも食生活を野菜中心にするなどして 皮質の分泌を抑えてニキビが出来にくい環境を作っていきましょう。

copyright 2014 ニキビ化粧水 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。